合板DIYの世界

スポンサーリンク




 

合板って何?

どうすればいいのかわからない…

ここではあなたが合板DIYを始められるようわかりやすく

まとめてみましたので是非スルスル~と読んじゃってください

読み方はごうはんが一般的ですが、ごうばんって読んでいます

ごうはんて、GO!ご飯みたいな感じだったり妙に呼びづらいので、ごうばんて読んでます

それはさておいて!

 

 

 

まずは合板DIYの魅力

 

これはトイレットペーパーストッカーという

トイレットペーパーを補充しておく物ですね

材料費がいくらかと言うと…

500円です

安いです…

合板というのは板ですので、すでに骨組みが出来上がってるようなものです

 

 

 

2x4材を使ったDIYや角材を使ったDIYは…

 

角材などを使った木工DIYは骨組みを作るところから始まるんです

巷では、すのこを使ったDIYが流行ってましたよね

あれは言ってしまえば、骨組みが最初から出来上がってるから

簡単ですぐ作れる!という感じになってるんですよ

言っても、すのこ自体はそれなりの値段はしますし

すのこ自体が細いピンで、とまってるので強度は低いです

合板やボードの方がはるかに強度もコストもかからないのに・・・

 

 

 

 

合板合板てさぁ何なのかよくわからない

 

 

オッケーです では、めちゃめちゃ簡単に説明しましょう

 

 

段になってるが見えますかね?

細い板を重ねた物が合板と呼ばれるものです

合わさった板=合板です

 

 

 

 

なぜこうなったかというと

 

大根を四角に切っていくと、どうしても端が丸みをおびてゴミが出ちゃいますよね

それを無駄なく使いたい、となり、大根をかつらむきに切っていくと

あら不思議!!ゴミが全くでない!!

さらにかつらむきした大根を四角に切っていき合わせ・・・・

それが合板です

そして向きを変えて、重ねることで強度も増すんですね

 

 

 

 

 

こんなに長い板なんですが、基本的に覚える大きさは

1820mmと910mm

182cmと91cmの長方形の板

これが基準になった大きさで3x6板と呼びます(サブロクバン

尺から取られています(3尺と6尺)

はい!これだけ覚えれば充分です 中には1800mmと900mmのもあります

なので一応確認する必要があります

 

 

厚みの違い

 

合板DIYでは約12mmを標準としています

なのでホームセンターなどで置かれている合板9mm以下を使うと

ブログ通りに作ることが少し難しくなってきます

 

 

 

 

合板にも色々な種類がある

 

これは本当に簡潔に分かり易くまとめた記事があります

覚えるのは3つだけです

合板の種類 DIY入門で覚えるべき3つの合板

 

 

 

合板の運び方と持ち方

 

合板の持ち方、運び方

 

 

 

木取り図の見方と切り方

 

建築の世界はセンチではなくミリです

なので建築の世界の人たちに30くらいかなと寸法を言うと

(本人は30cmのつもり)

建築の世界の人たちには3cmとなるわけです

 

 

もっと分かり易く身長170cmで例えてみると
身長は1700(せんななひゃく)です

 

 

 

木取り図が実際、どのようになるのか合板にかいてみました

 

 

このようになりますが、実際は丸ノコには1~2mmほど幅があるので

先に図面をかいて作業するより

右から600mm⇒350mmと順にカットしていく方が早いです

 

合板の切り方の記事があります

合板DIYの切り方

 

 

組み立て方

合板DIYの組み立て方や作業手順

 

 

 

以上、合板DIYの一通りの手順と基礎知識でした

組み立て方を応用すれば、基本的にパターンは同じです

 

 

低価格で始めたい時のオススメのDIY道具

 

⇒ MがオススメするDIY工具ビギナーセット

 

 

作品をまとめてみました

⇒ 合板DIY作品集を紹介

 

スポンサーリンク