合板DIYを始めるために必要な道具たち

スポンサーリンク




 

 

 

 

オニャカタ
長文が多いから読むのはめんどくさいかもしれないニャ!下のほうにオススメの電動工具でわかりやすく説明したものがあるニャ!また後で言うニャ

 

 

『本格的なDIYをするとまではいかない』

『電動丸ノコギリを使うのが怖い』

そう言った時に、オススメする工具セットになってます

1作品作りたいだけなんだ・・・

電動工具は日常生活であると便利なことがいっぱいなので置いてあれば

「ないよりかはマシ」選択肢は増えます

 

 

合板DIYにかかせないのが丸ノコですが・・・

 

一般的に言われる丸ノコはやはり大きいです

実際に、コードを入れて回すと大型の刃が回転しだすのでさすがに初っ端で

思うことは、素直に怖い ちょっとビビる

(しかし丸ノコを扱う時にこの怖さを持っておくことは大事だったりします)

なぜなら傾斜カットや効率を求めた歯数により大型モーターを使用することで

力が大きくなり、扱いに注意が必要なためです

傾斜カットは滅多に使うことが無いし、傾斜カットにこだわるまでところまでいっていると

もはやビギナーではなく上級者の部類です

 

 

 

ボードDIYといっても丸ノコは必須… しかし初心者に優しい丸ノコがあります

 

 

この小型丸ノコは傾斜カットが出来なければ、深さ調整が出来ないため

2枚重ねて板を切ることが出来ません

しかし、合板切るということに関してはまったく問題なく切ることが出来ます

従来の丸ノコは、DIY用といっても見習い大工が買うような丸ノコでもあります

DIY用だろうが、その丸ノコ自体は力があり効率を求められたコスパの素晴らしい丸ノコです

切る時間は遅いですが、あくまでDIY

マルチエボ丸ノコは効率や機能を無視して、怪我をしないよう安全に切れることを重視した丸ノコです

DIYをもっと気軽に楽しんでもらいたい

そんな気持ちが最優先されてると感じた丸ノコです

 

 

 

 

メイン電動工具

 

オススメするのはブラックアンドデッカーのマルチエボになります

 

 

 

このセットだけでインパクト、丸ノコ、サンダーが揃います

安いから、使えないんでしょ って思うかもしれませんが普通に使えます

さらに詳しく知りたい場合は

 

 

 

オニャカタ
コレコレ~♪これを読んでほしいニャ!

 

 

 

 

ジグソー

 

ジグソーとはどんな工具か

ジグソーの特徴と使い方

マルチエボシリーズでもジグソーはあるのですが、傾斜切りができないヘッドが長く扱いが難しい

スイッチをフルに押さないと木くずが飛ばない、価格が安いわけではない

ということでオススメするのは持ちやすさ小振りなRYOBIのジグソーです

(ジグソーがあればノコギリを使うことはほぼない)

 

さらに詳しく知りたい場合は

ブラックアンドデッカージグソーエボヘッドとKS701PE-JPの比較

 

 

丸ノコ用ガイド定規

 

丸ノコだけでのカットはまっすぐ切ることができません

なので丸ノコがまっすぐ進むようにガイドするためのデカイ定規が必要になってきます

しかし、いきなりデカイ定規を買ってやろう!と勧めるのは違うかなぁ

と思ったので、簡単に自作できる記事を書きました

安く作ることができて、なおかつ斜めにも切ることができます

丸ノコ直線ガイドDIY 合板とベニヤ2枚で自作する

ホームセンターなどで置いてある900mmと300mm程度の大きさのベニヤ板があれば

作ることができます(400円程度)

 

コーナクランプ

 

 

 

クランプ

 

 

通称スリムビス

初めて使う時、長さは25mmがオススメ

30mm以上は初めて使うには長く合板から飛び出してしまい扱いづらいです

 

 

 

 

木工ボンド

ある程度、強度が必要な所や重たいものをのせるところに

ボンドを塗るのがオススメです

スリムビスだけでも充分固定は出来るのでスリムビスだけでも構いません

しかしボンドを塗りスリムビスで固定した場合は主にスリムビスが仮止めのようなもので

木工ボンドが固まるまでの固定ネジに過ぎなくなるのです

 

 

 

メジャー

オススメするメジャーは小振りな3.5m

扱う合板のサイズが1.8mですが様々なシーンでメジャーは使えるので

長いとメジャーも大きくなってしまい重たく邪魔くさくなってしまう

 

 

さしがね

 

費用を抑えるために30cmにしました。あくまで線をひくための定規として使います

 

 

以上がビギナーセットになります

本当にオススメしたいさしがねは50cmのさしがねです

 

 

 

これだけでも十分に合板DIYを楽しむことができる!

 

 

あとはほかの道具がなくても応用すれば事足りることができます

下のほうに紹介してあるので、ぜひ活用しちゃってください!!

 

 

あったら便利な付属品

 

 

エルアングル定規

 

個人で楽しむ分には自作ガイド定規で充分ですが、正確に直角を切って綺麗に仕上げたい場合

はエルアングル定規を超オススメします

本当はエルアングルもビギナーセットに加えたかったですが実際2,3作品作って不要となった時

売りにくいということを考慮して入れませんでした・・・本当は使ってほしいですが

 

 

 

価格を抑えたオススメのエルアングル

エルアングルをさらに詳しく知りたい場合は

丸ノコガイド!定規の使い方を習得して直角をGET

 

 

ブラックアンドデッカーコード式

丸ノコに関しては常に力強く切ってくれるし、バッテリー残量も気にする必要がない

またバッテリーの寿命が来ても、コード式があれば壊れない限り長く使うことが出来ます

 

 

 

 

 

 

布ヤスリ(面取りなどに)

 

角はヤスリで丸くしますが、紙ヤスリではなく布ヤスリを使いましょう

紙は破れてしまうことがあるので、布は長く使えて経済的です

切ったままだと触れた時、痛いので

角をやすって少し丸くします

エボセットに付属するサンダーのヤスリでも大丈夫です

面取りの時に手袋を付けて一気にヤスったほうが早かったりサンダーでは届かないところも

 

 

 

 

ノミを使わなくても組み立てる方法

 

ビギナーセットでは価格を抑えるためにノミとハンマーを省いています

それでもドリルを使用すれば組み立てることが出来ます

どうやるかと言うと・・・

 

 

 

 

 

 

 

この要領で組むことが出来ます

これはエボセットには付属されてない大きさのドリルですが、小さいドリルで何度も穴を開けたり

ジグソーを斜めにズラして切っていくことでも可能です

 

直径10mmのドリル

 

作業台

 

合板をクロスさせて土台にするペケ台と呼ばれるものです

ペケ作業台を作ろう!DIYやキャンプにも

 

 

そして作業台を作るのがめんどくさい場合は

 

 

 

ブラックアンドデッカーソーホースを使用した感想

 

 

そしてもうワンパターン

 

 

 

2x4材を組み合わせていき脚をつくることができるアイテムです

 

 

 

作業場所

 

やはりそれなりの騒音は発生するので、一番厄介なのは作業場所ですね

まず作業場所としては

 

これも近隣住宅が近くなく迷惑にならない範囲

 

車庫の中

持ち家や実家ならここが一番作業場所としてはオススメ

 

 

思い切って部屋でDIY

 

これは家の中でDIYをすることですね、ブルーシートを引けば掃除も簡単ですし

騒音では基本迷惑がるのは家族だけですし

寝る時間帯も把握してれば、いない時は思い切って作業できるので何気にオススメです

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク