家づくりの収納はどれくらい必要なの?

スポンサーリンク




 

家づくりで後悔していることは・・・

と聞かれると意外と上位にくるのが『収納スペース』を多く設置すればよかっただそうです

見過ごされがちですがそれも仕方ありません

というのも・・・

日本住宅の基本は真壁(和室)に押入れがメインだったため服や雑貨の収納はタンスでした

しかし今の住宅業界はウォークインクローゼットや収納が一体化したものが主流になっており

今のマンションではクローゼットが当たり前のようについているので、タンスを買う人はほとんどいないそうです

なのでタンスをいらないから買い取ってほしいと業者に頼むと『引き取り料』が上乗せでくるそうです

そして住宅業界も生き残りをかけて収納スペースを一体化することでインテリアがまとまって見える!

収納家具も買い揃える必要がない!見た目もスッキリと宣伝にピッタリなんですね

 

住宅業界が家具業界をつぶしているようなもので、さらに追い打ちをかけたのがニトリさんです

家具業界でこの名前が上がらないことはないほどの脅威的な存在です

なので現代の家具は超高級家具かローコスト家具、住宅一体型収納の3つが主流と言えるでしょう

 

友人や知人の家を遊びに行くと、新築の場合は色々眺めちゃいますよね

そこで『あぁこうすれば良かったな』なんて後悔しちゃうものです

そして一体となった収納スペースがやはりスッキリして見えてしまうんですよね

 

なので悩みや後悔のところに一昔前ではなかった新しい悩み『収納』が出てくるんです

 

オニャカタ
人の悩みは尽きないニャね。電動工具を収納できる一体型収納をガレージに導入すれば良かったって後悔してるニャ!あと眺めるガラス張りのケースも!ムムゥ欲が出て来てしまったニャ…

 

 

収納の基本は適材適所

 

収納の基本は『効率よくたくさんしまう』

ではなく

『使う時に取り出しやすく、使い終わったらしまいやすい』です

収納場所と使用場所が合ってないと物は出しっ放しになりやすく気付いたら散乱しているなど

一方で不適当にしまったものはほとんど物置状態になりお蔵入りのモノになったり

こんなところにしまっていたなんて・・・忘れてたなんてことにも

 

キッチンやトイレなどの備品は収納する物がどれだけいるのか思いつきやすいですが

収納したモノが見渡せるつくりの収納を心がけるべきとなります

奥行を取りすぎないということですね

どうしても奥に不用品を置いてしまうので、デッドストックにしないためにも大切なことです

 

 

リビングの収納に注意せよ!

玄関には下駄箱、洗面所には洗面台下の収納

トイレには壁掛けの収納棚、ダイニングには食器棚!

これでバッチリ『収納』には困らないぞ!となりますが

 

ここで見落としがちなのがリビングに収納がないケースが多いのです

しかし、リビングの使用率は圧倒的に多く

部屋で着替えるのがめんどくさいし慣れてくるとリビングでしたり

子どもの勉強道具や遊び道具がそのままだったり

家計簿をつけたりその時にノートPCを使ったり、趣味などに使うものなど

収納すべきものがいっぱいなんです

それをまとめるアイテムと言ったら・・・リビングテーブルかテレビ台のみ

 

 

 

オニャカタ
リビング収納もないし、テーブルもデザイン重視で買ってしまったニャ!収納スペースがないから買い替えるしかないニャ!買い取ってもらうニャ!お電話テルテル

 

 

買取業者M
そうですね・・・処分料と引き取り料あわせて3万円になります

 

 

オニャカタ
そんな・・・高すぎるニャ・・キャンセルニャ!こうなったらフリマアプリで出品するニャ・・・・なに・・配送料で1万だって・・・・んニャァァァァ

 

 

リビング収納はどれだけ必要かなのか、具体的にイメージしてみるのが失敗しないためのコツ

答えとしては、チョットした畳半分の空間でもあるのとないのでは大きい違いです

 

収納のまとめ
・収納は『取り出しやすい』『しまいやすい』が基本

・収納の奥行きは深くつくると『取り出しにくい』『見えにくい』になるので注意

・多目的にさまざまな使われ方をする空間=リビングなどにも収納を検討

 

 

すべてを収納しなくても魅せるインテリアもアリ

 

収納しつつ魅せるインテリアアイテムが突っ張り棒を使った仕切りアイテムです

 

 

 

 

本の表紙が重力でたれてくるのが、めんどくさいですがそこはクリップでとめていました

お店っぽくなってオシャレでオススメです

 

 

ウォークインクローゼット

 

その名の通り、クローゼットの中を歩けるような広さの収納空間&洋服店のような空間

ウォークインクローゼットも住宅との一体型が主流ですが

多目的空間としてつくり、必要となった時にクローゼットを置くのもあり

一体型の場合は、細かく引き出しや収納棚など造り付けず固定棚1枚とハンガーパイプ程度にするのが

後に、場所のレイアウト変更の時使い勝手がよくなるのでオススメです

 

 

 

納戸・押入れをどこに設けるか

納戸(なんど)とは普段あまり出し入れしない収納空間のことで毛布や扇風機といったシーズンごとに入れ替えるところです

『たまに使う』物はたくさんあるせっかくの使いやすい、取り出しやすい収納場所がこれらの置き場所になるのは

もったいないです

できれば長期保管→納戸にまとめて置くスタイルが1年を通じてスッキリした部屋を保つことができます

 

 

やはり限られた坪空間の中で、収納を多くすることは難しい

 

そこで出てくるのが、ウォークインクローゼットを部屋の動線上に設置すること

例えば・・・

浴室洗面所のちかくにウォークインクローゼットを設置して着替えを取る脱いだ衣類を洗濯機へ運ぶといった

1カ所にまとめることで管理が楽になり、限られた空間を有効利用できることも

 

玄関そばにウォークインクローゼットを設置してコート類や通勤通学着など外出時や帰宅時の着替えがスムーズになる

シューズクロークを前後に設置していればさらにまとめることができる

シューズクロークの空間はこどもの自転車を置けたり、外に置いておくのと盗難の危険性にあうロードバイク

ガレージ・車庫をつくらないのであれば検討する価値がある空間です

 

 

収納をさらにまとめ

・ウォークインクローゼットを生活動線上に置くという選択

・1カ所にまとめることで管理が楽になる

・着替える場所のちかくに置くと便利

・ウォークインクローゼットは細かい造りをせずにシンプルにすることで生活スタイルに合わせて変化させることが可能

 

時間を短縮したい忙しいから→生活動線上や真ん中にクローゼットを設置したり

あまり掃除をしたくない、散らかしたら片付けるのがめんどくさい→浅めの収納を多く設置

 

 

オニャカタ
仕事や遊びで泥んこまみれで帰ってくることがあるから、収納はどこに置くか次第で汚れも少なくなるニャね

 

こうやってまとめて読んでみると『収納』って重要な位置にあるって思いますよね

設計士は限られた空間の中で、決めていくので要望は多めにしてどれが捨てられるかを考えておくのが

後悔しないための家づくりだったりします

もちろん建売住宅でもイメージすることがとても重要です

 

 

スポンサーリンク