地震に強い家づくりをするための歴史から学ぶ

スポンサーリンク




 

高齢者やご年配の方は今まで住んできた家に思い入れがあり、また耐震リフォーム費用が多額なため

踏み入れない実情があります

 

耐震基準法改正の1981年が分かれ目

 

1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され地震に強い家づくりをしましょうと変わったわけです

新基準では、地震による建物の倒壊を防ぐだけではなく、建物内の人間の安全を確保することに目が向けられ

旧基準の震度5程度の地震に耐える住宅との規定は、新基準では「震度6強以上の地震で倒れない住宅」を基準に作りましょうとなりました

 

昨今、日本は地震大国であると言われています

さっこん・・・きのうきょうの話?

ここで疑問が生じますね

なぜ地震大国なら、地震に強い家づくりがされてこなかったのでしょうか

実際には、地震プレートの動きが活発になっているのと陰謀論とまで噂されています

 

 

優先順位は高温多湿だった

 

日本の昔の家の多くは木組み(在来軸組工法)になり、簡単に言うとネジやビスに頼らず家を建てていました

この木組みは高温多湿の日本の風土にとても合っていました

しかし、地震から家を守る唯一の鉄壁は筋交い(すじかい)だけが頼りでした・・・

それに加えて、和瓦という日本古来のとても重たい屋根であり

屋根と耐久壁とのバランスが悪かったのも要因

雨が最も多く降る北陸地方では、和瓦という雨対策としては究極の作りであった和瓦屋根は

同時に耐震性の確保まで届かず、デメリットにもなっていたのです

 

 

 

新基準で多く採用されているものは

 

ハウスメーカーにより種類は様々ですが、地震に対して

金具プレートや制振工具が多く使われています

そして近年言われているのが、高気密高断熱を売りにした構造パネル工法です

なぜ2x4は地震に強いなどと言われているのでしょうか

これは2x4自体の話ではなく、壁が合板で完結しているためになります

日本の在来工法での多くが、筋交いからそのまま雨対策の外壁になっています

それに加えて2x4工法や構造パネル工法は合板を張り、そこから外壁作業になります

基本的には構造パネル工法は2x4となんら変わりがない、自然と地震に強い家づくりになっているわけです

 

 

 

 

 

新基準以降から建てられているから安心というわけではない

 

2011年には東日本大震災が起きており、2016年には熊本地震もありました。

 

熊本地震被害の大きかった地域では、

・旧耐震基準による建物700棟のうち225棟が倒壊した
・新耐震基準による建物1040棟のうち80棟が倒壊した

 

東日本震災では多くの家が津波に流されてしまいました

なぜ残った家があったのでしょうか

これはとても簡単で、新築であり土台が腐っていなかったことと、金具プレートによる補強になります

おおまかにいうと昔の家と基礎部分になる土台はアンカーボルトと呼ばれる金具だけで固定されてるようなものです

土台が劣化していればいとも簡単に、土台から外れてしまうことになります

 

 

ここでグルッと一周することになります

 

高気密高断熱を売りにしたハウスメーカーは自然と地震に強い家づくりになったのですが

同時に高温多湿には向かない家づくりになってしまいました

そこで出てきたのが24時間換気しましょうという人工呼吸のようなものです

今まで、通気性の良い呼吸する家から変わってしまったわけです

通気性の良い家のデメリットは、害虫が侵入しやすい冬は寒いなどがあります

 

もちろん自然素材を活かした家づくりを売りにした工務店は多くあります

自然素材がゆえにマメな定期点検が必要なこともあり得る

 

極論言うと、RC造(鉄筋コンクリート造)が最強なわけですが

高額である(また固定資産税が約1,3倍になる)と金額からすると非現実的なのです

またRC独特の閉塞感を感じてしまうことも(むき出しが隠されたとしても)

 

地震に強い家と建築費用などを考えると流通コストを抑えている高気密高断熱のハウスメーカーが良い選択肢になるとも言えます

やはりどの家づくりにもメリット、デメリットがあるものです

 

スポンサーリンク