コンセント・照明スイッチの配置は重要!失敗しないための計画

スポンサーリンク




 

注文住宅での家づくり、中古住宅の家選びで失敗と後悔があるのが

コンセント・照明スイッチの位置です

注文住宅のお話で行きましょう

 

『照明スイッチやコンセントは特にこれといったこだわりはないです!プロにお任せします』

 

業者はプロだからと言って、安心してると痛い目に遭う確率が上がるので

そうでない適当な業者もいることを頭に入れておくべきです

あとからもめるのは面倒ですし・・・追加料金になります

なんて話もあります

もしコスト重視の業者だったらどうなるか見ていきましょう

 

 

スイッチまとめてコスト削減!!

 

 

 

オニャカタ
ニャ!?まとまりすぎて分かりづらいニャ・・・適当に押すしかないニャ!

無駄のない作りですね

最高のコスト削減です

しかしこれ住む側にとっては・・・かなり不便です

なぜか・・・お分かりかも知れませんが

まとまっていると無意識でここのスイッチと覚えるようになるまで時間がかかります

これが想像以上にめんどくさいです

覚えようとしないと、覚えられないんですよね・・・

 

 

オニャカタ
それはきっと歳のせいニャ

 

マエソン
・・・

 

 

まずこうなったとしても解決策が1つあります

 

それは・・・『ネームスイッチプレートに交換する』

やはり表示があると分かり易いです

これで住み始めの押し間違え多発がなくなります

なのでスイッチがまとまる場合はネームスイッチタイプの物か確認しましょう

 

 

ほたる光スイッチは暗闇に便利

 

真っ暗の廊下・・・・

スイッチはどこだ・・・

 

 

オニャカタ
そういえばヘッドライトがあったニャ

 

 

 

 

 

 

 

 

ド田舎の山奥暮らしの時、スイッチどこだ状態の手探りで廊下の明かりをつけた瞬間Gと遭遇した時は、ホラーですよ

 

 

 

ほたる光じゃ物足りない!?真っ暗の廊下にはフットライトの選択肢も

 

フットライト専用でもコンセント増設と同じ扱いになるところもあります

コンセントに後付けタイプもあります

 

 

 

照明スイッチは生活動線上に設置しよう

 

スイッチはやはり生活動線上にあったほうが良いです

というのも、部屋の明かりをつけようと、ドアの近くにあれば『歩きながら押せます』

が、少し離れていれば『1,2歩進んで手を伸ばす』

といった動作が必要になってきて、これが結構めんどくさいです

 

 

 

冷蔵庫配置のコンセントが高い位置にある理由とは?

 

これは簡単『火災防止』のためにあります

一度置いた冷蔵庫は滅多に動かさないため、プラグにたまったホコリがコンセントに発火して

火事になってしまうのです

なので、あえて人の目につくよう高い位置に設置してあるんです

 

オニャカタ
あれは絶対に電子レンジ用のコンセントニャ

 

 

マエソン
さては・・・シングル冷蔵庫だな

 

 

オニャカタ
シングルになんか文句あるかニャ!?ツナ缶が充分に入るニャ

 

 

冷蔵庫の延長コードは電圧が弱まるため、冷蔵庫配置のコンセントの低い位置だけは避けましょう

 

 

コンセントの床からの標準高さ

・コンセントの高さは床から25㎝が通常
・机や作業台の上に必要な場合は70~90㎝
・洗濯機はアースがあるが万が一、水がからないように100~110㎝
・エアコンは配線がスッキリするので180~200㎝冷蔵庫も同じ

照明スイッチは110~120cmが標準

 

部屋に配置するコンセント

 

ドアなど入り口付近は動線上になるため、自然と離れたところに家具やテレビを配置

することになるので延長コードを使うことになります

長めの延長コードは見た目もスッキリしないので、入口近くのコンセント設置は避けるのが無難

 

 

意外と気付きにくいベストなコンセント配置

 

掃除機用にコンセントが必要だったなんてのもありますが、今はコードレスも主流になっています

①『コードレス掃除機を片付けた時に、収納内部にコンセントがあると充電できてよかった

 

 

ミキサーや電気ポッドを使う時、延長コードを使うことになるなんて・・・

②『ダイニングテーブル高さやシステムキッチンの電源確保で延長コードとおさらば!』

タコ焼き器や電気系油もの鍋は延長コードにひっかかるとケガにつながるため危険性も増す

 

③『コンセントの位置をあえて高くしてもらい、腰痛持ちやペットのいたずら噛みを防止

 

車庫やガレージに設置

④『電動工具を使い日曜大工やDIYを!そして電気自動車の未来を見据えて配線増設費用をかけないために設置

 

オニャカタ
ムムッ!4番は一番重要ニャ!直接電源パワーの電動工具の力は計り知れないニャ!

 

 

住宅外側の電源設置は気をつけよう、こんなトラブルも

 

ある日を境に、電気代が上がり季節の変わり目だからかと思っていた主はそのままにしていました

しかし、電気代が高すぎると思い色々調べてもわからない

最後・・・家の外に設置してあったコンセントになにかささっているではないか・・・

そのコードをたどっていくとお隣さんだった・・・・

こういった事例があったそうです、ご近所トラブルの1つです

 

 

まとめ

 

意外と見落としがちな、コンセント・照明スイッチの配置

後からこうすればよかったなんてならないのがベストですから

業者任せにするのではなく生活動線など自分でイメージしてみるのも大事な所です

 

 

 

 

スポンサーリンク