子ども部屋は4~6畳で十分だが、ベストが6畳なわけ

スポンサーリンク




 

今回の内容は・・・

 

・友人、知人の話を聞くと子ども部屋を8畳ほどとっている。

 

・子ども部屋は、6畳ほどで考えているけど、どうなんだろう。

 

・予算を考えたら、4~5畳の子ども部屋になったけど狭くないか?

 

このいずれかに該当するお方には、有意義な内容となっていますので、是非参考にしてみてください。

 

 

 

結局、子ども部屋はどれくらいの広さがいいの?

 

子ども部屋は4~6畳が程度で十分ですが、子ども部屋の広さは6畳がベストです。

 

というのも大工をやっていたころ、こども部屋の多くは6畳で、感覚でいうと6畳は7割ほどで4~5畳もやったことがありますが、少し窮屈だな、なんて思っていました。

 

1畳なら、あまり変わらないように思いますが、いざ目の前にすると結構な差だったりします。

 

 

 

 

子ども部屋が、4~5畳がベストではないワケ

子ども部屋は6畳がベストといいましたが、なぜ4~5畳はそうではないのか?

 

まず4~5畳ではベッドと勉強机を置けば、ほぼスペースは埋まります。

 

今の勉強机は学習机というよりはPCを置くような簡易的な机が主流で、これも場所を取らないためや、学習机が高すぎて手が出ないといった金銭的事情もあったりします。

 

また4~5畳の狭さを解消するため、2段ベッドを置いて、その下に勉強机を配置するケースが多くなります。

 

しかし2段ベッドは、寝起き早々はしごを降りるのはエネルギッシュで活発な子どもでも、朝は弱い子が多い!

 

はしごを降りるのが嫌だから二度寝しちゃうなんてのはザラだったり・・・

 

「コラ起きなさい!」って言って、ママもはしごを登るハメになったりと

 

2階に子ども部屋を置いてる場合は、ママが2階まで階段のぼって、起きない子どもためにはしご登って、朝からママは大変です・・・汗

 

あ、ここ重要ですがこういうことをイメージすることが住宅で失敗しないためのコツだったりします。

 

話を戻すと、自然と二段ベッドは撤去したり、部屋が6畳あれば解決できたことですが4~5畳となると少し窮屈さがあるので、一階ベッドで2段目座椅子の勉強スペースというのも変ですし・・・

せっかく2段ベッドを買ったのにいらないなんて!無駄な出費だったなんてのもあり得る話

まとめると4~5畳は、中学高校生と大きくなるにつれて、少し窮屈だと言うことです。

 

 

 

 

子ども部屋は6畳がベストだが、解決したい悩み

 

その① 営業マンに子ども部屋は広くとると、居心地が良くて部屋から出てこなくなりますよと言われた。

 

その② 限られた予算と敷地のなかで、子ども部屋を6畳とるのが難しい。

 

その③ 子ども部屋は10年ほどしかつかわないなら小さくてもいいと思っている。

 

この悩みを解決する方法をお話しします。

では、説明していきますね

 

 

 

その①子ども部屋を狭くしようが広くしようが、◯◯◯

 

あまり広い子ども部屋にすると、部屋から出てこなくなりますよ!という言葉

 

これは確かに!と思うかもしれません

 

よくあるのが部屋にこもってほしくないから狭くても十分!リビングに自然と集まって会話も増えるし、リビングで勉強すればいいという話・・・

 

しかし

 

子ども部屋を狭くしようが広くしようが、引きこもる子は引きこもる。

 

部屋が広いと引きこもる 、そこは性格の問題であり

 

狭くても、こもる子はいるし広くしても 、寝るだけの場所になってる子もいます。

 

図書室で本を読むのが好きな子もいれば、外でキャッキャ騒ぐのが好きな子もいるように

人それぞれです。

今日は図書室で本を読もう!いや今日は外で鬼ごっこしようとその日の感情で左右されたりもします。

 

なので狭くすることで、こもりがちにならないという考えは捨てるべきです。

 

これは私が小学生時代に経験した話なのですが、小学生のころ仲良くしていた友達がいて

学校でよく遊んでいたのですが、家に遊びに行ってもいい?というとダメ!と即答されてました。

けど仲良くしていたので、結構無理なお願いをして家に遊びに行ったのですが

まぁこれが衝撃的内容でして

その友達の家につき、玄関から「◯◯君~~~!」

「入ればいいよ!」と声が聞こえ、抵抗を感じつつ玄関を上がり、声を頼りに部屋を探しますが、どこにいるかまったくわからず

「ねぇどこ!?」

「ここ!」(扉を開ける)

えぇ・・・

それは部屋というよりは、物置みたいなところで2畳ほどの空間にベッドがおいてあり

奥にテレビが置いてあるという感じでゲームをしている友達の姿が

まぁなんというかどうやってベッド入れたんだろう・・・と小学生ながらに思いました。

その子は学校では仲良くしてキャッキャ遊ぶのに、プライベートになると家に引きこもってゲームをするという子でした。

 

やっぱり育った環境や、性格がひきこもるかどうかに関係してくるというわけです。

 

 

その②そして一番の悩みが、限られた予算と敷地で難しいということ

 

結論からいうと、子ども部屋を広くしたいと思っているなら

 

その間取り図に無駄な廊下やホールはありませんか?

 

ということです。

 

意外と、見落としがちなところでもあります。

 

また夫婦の寝室をもっと狭くして書斎も我慢して,子どもの部屋をもっと広くしてあげたい!

 

ということもありです。

 

もちろん、あなたの家なので、部屋があるだけマシ!というスタンスでも自由なわけです。

 

ベランダを2か所とっていたり、ココいらないかなぁと思うところがないか探してみるのも、子ども部屋を広くする方法の1つです。

 

 

その③子ども部屋は10年ほどしかつかわないなら小さくてもいい!?

 

小学生3~4年から高校卒業までとすると約10年です。

 

高校卒業後、県外の大学に行くときもあれば、県内で就職して実家暮らしをして結婚を機に家を出ていくといったことまで、なので多い目で見れば20年近く

 

こどもが大きくなって、大人になっても、親からすればまだこども!

 

なんて言葉があるように

 

こどもが金銭的事情で生活がキツイから実家暮らしする!

 

となると親からすれば、自然と応援したくなるものです。

 

そうなったときに4~5畳でも部屋があるだけマシ!と思えるのか

 

もう少し広い部屋にしてあげればよかったなと思うのか

 

それはその時になってみたいと分かりません。

 

なのでそういったことを踏まえても、狭すぎず広すぎずの6畳がベストというわけです。

 

 

 

まとめ

 

・4~5畳では、少し窮屈で机とベッドでスペースがいっぱいになる。

 

・子ども部屋は狭くしようが広くしようが、引きこもる子は引きこもる

 

・予算的に難しく4~5畳になりもう少し広くしてあげたいと思ったときは、無駄な廊下やホールがないか確認して修正してもらう。

 

・子ども部屋といえど、就職して実家暮らしをするかもしれないことを考える。

 

 

 

追伸

 

それじゃあ極論、「子ども部屋をなしにするのはどうか?」

 

もちろん、これはオススメしません・・・

 

これは私の経験したお話になりますが、昔アパートに住んでいたころ

 

下の階の住人も同じく2DKの部屋に住んでおり、こども3人の5人家族でした。

 

家族団らんで、仲良しだなーなんて思っていたのも、つかの間で

 

下の階の住人は、ほぼ毎日のようにケンカしていました。

 

優しく言うと、これはパトロールきた方がいいのでは?と思ったほどで、

 

壁に穴が開いてるんじゃないかというくらい響いた時もありました。

 

何が言いたいかというと、さすがに子どもでも、大きくなって

 

年ごろになるとプライベートな空間をあげるべきだということです。

 

家族内でも、年ごろになると1人になれる空間というのは大事です。

 

時には1人になりたいし、時には家族でキャッキャ会話したい・・・だって人間だもの

 

こういった意味を踏まえれば、4畳の部屋もアリということになります。

 

スポンサーリンク