月の土地が買える?宇宙好きにも現実的に見てもロマンがつまっている

スポンサーリンク




 

 

月の土地って!?

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)

同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。

すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。

この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、

正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。

この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、

月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

 

ルナ・エンバシー社のウェブサイト

とっておきのプレゼントなら「月の土地」!

 

1967年の宇宙条約は、月やその他の天体が探査を目的とした人類全体の財産で
あると宣言しています。
それが探査であるかぎり、自由に行うことを認めております。
人類全体に新しいフロンティアを提供するために、日々生命を賭して取り組んでいると感じています。
私たちも、責任ある人類として、彼らの偉大な活動や目的に対し妨げたり、
あるいは干渉したり、争ったりすべきでないと考えます。

私どもは、「月の土地」を楽しんでいただけることを目的としております。
日本の不動産と同じように考えていただくと無理のある商品と思われます。
何卒、ご理解ご了承の程、お願い致します。

 

 

 

 

現実的に月の土地は冷静に考えてどうなのか

 

 

1984年、月協定に関して

月に関する所有権については、先述した宇宙条約のほかに、1984年に発効された月その他の天体における国家活動を律する協定(通称・月協定)がある。

こちらでは月の表面や地下にある天然資源の所有について、「いかなる国家・機関・団体・個人にも所有されない」とされている。

このため、ルナエンバシーが販売した土地の資源はたとえ、土地の権利者であっても利用できないことになるため、この月協定を批判している。

 

 

このことについて

月協定には、ほんのちょっとした問題があります。

それは、国連に加盟する約185の国家のうち、たった6カ国しかこの協定を支持していないということです。

他の全ての国々(その中には全ての宇宙旅行国家アメリカ合衆国、ロシア、中国などを含みます)、は署名を拒否しています。

この事実はあまり知られていないようです。

アメリカ合衆国は、明確に「この協定が、企業や個人による月やその他の天体の資源の営利目的の開発・利用を妨げる」として、署名を拒否しています。

 

 

簡単にまとめると

 

1967年、国連と各国の著名で宇宙条約が通りました

しかしもう少し詳細に作り直したほうが良いのではないかと話を進めている中で

1980年、デニスホープ氏の権利書が正式に受理されることに

そのあと1984年、月協定ができましたが細かく条約を取り決めすぎている

権利問題やそのあとの話がややこしくなるということもあり、宇宙条約の

『月やその他の天体が探査を目的とした人類全体の財産である』だから政府のものにしてはいけないよ

というシンプルな宇宙条約が今でも支持されている理由になります

 

 

 

 

そう考えると月の土地は所有者になったというロマン

また特別な人にプレゼントする

夜道を明るく照らしてくれて一番近くにある星なのに届きそうで届かない距離にある

そんなもどかしい気持ちだったり

月面旅行は私が生きている間に、できるのかな?なんて哀愁を感じてしまったり

そういった気持ちをうめてくれることがあるって夢があるなって思いました

カタチにしてくれるだけでもロマンがつまってるものだと思います

 

 

 

販売しているのは月の表面のみ

 

というのも月は不思議な天体で、地球に対して裏側が見えないような周り方をしているそうです

表面のみというのもなかなか面白いですね

 

オニャカタ
表しか見えニャいし月見しながら団子食べて、優越感にひたればそれでいいニャ!

 

 

どれくらい所有者がいるの

 

アメリカでは、1996年より本格的にネット販売を開始し、

元アメリカ合衆国大統領や有名ハリウッドスター、アメリカの有名企業も

次々と購入、米国内で購入者が急増しており

現在全世界175ヶ国、約130万人の「月の土地」の所有者がおり

日本でもすでに、約15万人の方々が月のオーナーがいるそうです

 

 

 

 

問題は値段なんですよ・・・

 

1エーカー=1200坪(サッカーグラウンド1面分)

その1エーカーが2700円からと格安です

あまり高価過ぎてもプレゼントとしては重いし、手が出せなくなるしと考えると

リーズナブルですね

なぜこの安さなのかというと

もし高価だった場合、みんなが地球圏外の財産を得ることができません。

私達は、欲しいと思った人たちが誰でも買える値段で、

できるだけ多くの人達に土地を所有してもらいたいと思っています。

 

ということだそうです

 

 

土地にしても所有者であるのに、固定資産税という謎の税金がありますからね

結局は国から借りてる土地なのかって思っちゃいますよね

相続税というものもありますし、そう考えると土地っていうのはあいまいな世界ですよね

 

 

あまり複雑に考えずにロマンを買って、喜んでくれる相手がいるなら

それはそれでいいんじゃないかと思います

宇宙好きからしたらネタになりますし、これをネタととるか

知人や友人に月の土地の所有者なんだぜ~って嫉妬されるか、すげー!ってなるか

いずれにせよ何かしらのアクションがとれるってだけでもすごいことだと思います

 

 

 

月の土地を詳しく見てみる

 

スポンサーリンク