実家がシロアリ被害にあって、恐怖を味わった話

スポンサーリンク




 

シロアリのイメージとしては、床下をめくって土台が腐食してる感じがして

めくってみたら木材がポロポロこぼれるように、はがれていくそんなイメージでした。

ですが今回お話しするのは、床下うんぬんではなく、表に出てきていたのでした。

 

オニャカタ
そこらへんにある都市伝説の話より、よっぽどホラーな話になってるニャ

 

 

シロアリの恐怖はいきなり現れる

 

よくみると引き戸が傾いているのがわかるかと思います。

引き戸をささえているのは敷居(しきい)という名前で、そこが

シロアリに食われていたのです!

 

 

 

シロアリに食われた敷居を拡大

 

さわってみて、中が空洞になっているのがわかるほどちょっと押しただけで『ペコッ』とへこみます

元々中身が空洞の材料だったのかと思うほどで、いやいやこんな材料はさすがにみたことないよと思いつつ

シロアリの食いっぷりに驚きました。

 

 

カタチだけ整っていて、中身はスカスカ

これがシロアリの恐ろしさと言われていて、パッと見て外観だけでは判断がつかないのが

一番怖いところです。

なので、床下をめくって土台を見て、「うん、大丈夫だ」と思ったらそれは危険だということです。

 

仕事がら大工なので、様子を見てみることに

 

とりあえず床下をめくってみた

 

いくつも和室があるのですが、そのなかでも畳をめくってみたらシロアリに食われた後のある床板があったので、

その部屋からめくることに

「畳めくってコレじゃ床下はもっとひどいだろうな・・・」

この家はもう終わりだ・・

 

土台

 

ん・・・パッと見、大丈夫そうな気がする。

といってもシロアリ駆除のプロではないので、知り合いのシロアリ駆除もする大工さんに聞いてみることに

「女王アリをいかにみるけるか、みつけたら片っ端から駆除する」

といわれたのですが、先ほど言った通り、シロアリ被害の恐ろしさは見た目ではわからないことなので

見てもらうことに

 

 

 

結果は・・・

 

薬剤もつけてもらい、見てもらった結果

構造材は問題ないとのこと(こうぞうざいとは、柱や土台など家の骨をあらわす材料の名前)

シロアリ被害は問題ないと言うことです。

これだけ表に出てきて、被害がないのは珍しいとのこと

そして昔この家を作った、大工さんが置き忘れたであろう木材が床下にあり、その材料はボロボロでした。

「シロアリに食われてたのはこれだけだね」

 

 

 

その人いわく、「基礎をつたってまではシロアリはよじ登らない」

だそうです。

巷では、基礎をつたって中に入っていくなどありますが、基礎に藻がついていたり、また基礎と言っても

基礎下にも侵入経路があるので、一概には言えません。

どのみち木材がある限りシロアリ被害はおおいにあるということです。

とりあえず実家がシロアリ被害にあってなくてホッとしたのと、他人事ではないんだなと改めて実感

建築の教科書にもシロアリの種類は2種類あるってのを覚えてるくらいで、本の中の話だと思ってたくらいですし。

 

 

最後は、シロアリ被害にあった材をリフォーム

 

傾いて、引くことができなかった引き戸もこれで元通り。

 

 

 

シロアリメンテナンスを怠ると、数千万する家を損することになる

気付かずにシロアリ被害が進んでいて、地震などで倒壊や損傷(傾き)などになると

数千万かけた家が壊されてしまいます。

最悪は、倒壊した住宅に押しつぶされて亡くなってしまうこともあるのです。

安心する大好きな家が、逆転して人命にかかわる財産もすべて失ってしまう最悪の事態を避けるためにも

家の表を見るのではなく、肝心の中身をメンテナンスすることが重要です。

 

 

 

 

 

シロアリが家の倒壊の原因でもある

地震で家の倒壊があり、それは建築基準法が大幅な改正をおこなった1981年6月1日がターニングポイントとなっており

新耐震基準と旧耐震基準と区別されるようになりました。

 

家の倒壊の原因は旧耐震基準が原因のために多くが倒壊になったのです。

 

といってもこの、新耐震と旧耐震の基準は非常にあいまいとなってます。

おおまかに説明すると旧耐震では「震度5では家が倒れない」から新耐震では「震度5では家がほとんど損傷しない」ように家を作りましょう

ということになっており、旧耐震が原因というよりは

住宅の劣化と日本古来の住宅が原因とも言えます。

まずは日本古来の住宅とは、和瓦と外壁を木材で鎧張りしたようなイメージの家です。

基本的に日本住宅事情としては、地震よりも高温多湿よりの家づくりをしているため

風通しの良い家や雨がよくふるため雨除けとして理想的なカタチをした和瓦を使っていました。

しかし風通しが良いということは隙間があり、害虫の侵入がある、また雨除けに最適な和瓦は重いというデメリットが存在して

極論を言うと、シロアリ被害にあっていて、あまりバランスが取れているとは言えない重い屋根が拍車をかけ

倒壊という流れが強い傾向にあったのです。

ここでできることはいかに土台の腐食を避けることができるかです。

 

 

シロアリなのにゴキブリの仲間

シロアリは正確にはアリではなく、先祖はゴキブリになります。

しかし統率が取れていて、階級もあるためアリと言われるようになりました。

そのシロアリは木材が主な主食であり、昆虫は地球上で約7割ほど生息数を占めており

その中でもシロアリは上位に匹敵するほどの量なのだそうです。

大半は森の中の自然界で倒木などを食べていますが、自然界といっても住宅も例外ではないのです。

 

 

ココで疑問に思うこと、ゴキブリはどこから侵入してくるのか

 

家には、隙間が必ずあります

というのも通気性のある風通しの良い家づくりをしないと、高温多湿の日本では、湿気がこもり

カビや腐食が発生していまいます。

それを防ぐために、通気性の良い家づくりをしているのです。

ここでのデメリットは害虫の侵入を許してしまうと言うことになり、1mmでも隙間があると

ゴキブリは侵入でき、表で見ることになります。

仮に、隙間を完全にふさいだ害虫の侵入を許さない家づくりは、通気性のない家となります。

人の体温やエアコンなど熱を発生させるものは、いくらでもあるので通気性のない家は必然的に熱がこもり

カビや湿気による木材劣化がでてくるのです。

こういったことをふまえると隙間を許さない家づくりはデメリットだらけであり、寿命の短い家づくりとなってしまいます。

どのやり方にも、メリットデメリットは存在しているためにいかにメンテナンスをするかが重要になってきます。

 

 

シロアリ駆除の業者選び

シロアリを専門としている業者は、やはり場数が違い経験が多いため

地元の建築会社や駆除会社に見てもらおうといって経験数が少ないことや、駆除にも種類があり

横投げというカタチで料金が上乗せになることがあります。

 

シロアリのことなら



リフォームも扱っているので、シロアリ被害による改修もバッチリです。

 

 

スポンサーリンク