DIY用品の価格差がすごい!ホームセンターとネット通販事情

スポンサーリンク




 

 

 

どうもマエソンです

僕が所有している電動工具類、大工道具、計測工具などその他もろもろ含めて4割方は

近所のホームセンターで購入したものです

ホームセンターによってはプロ用モデルまで品揃いが豊富に取り揃えてあり

その場所で手に取り、即購入できるのがメリットの一つです

特にモデルチェンジする時の在庫処分の値段はおったまげるほどの値段だったりします

かなり通いつめないとお目にかかることのできない光景だったりしますが・・・

 

やっぱり1番のメリットは限られた予算の中で価格と実物を見ながら

やりくりするのならホームセンターが断トツ便利だったりします

 

 

 

 

 

店員さんの知識にはかなりバラツキがある

 

しかし、店員さんは浅い知識の人と豊富な知識を持った店員がいるので

かなりの差があったりします

なので聞く人を間違えるとたいした情報はもらえなかったりします

このインパクトならタイヤ交換の時、使えますよ だったり

正直聞くより、事前に調べて行った方が良かったりもします

ただ知識が豊富な店員さんに聞くと、その場から逃げることが出来ないほど喋ってくれることも

これは運としか言いようがないです

 

 

 

 

 

地元の工具専門店や金物屋はすごい

 

意外と知られていないのがホームセンター以外にも工具金物専門店へ行く

プロを相手にしているので、かなり熟知した人が多い

基本的に知りすぎているほどです

プロ御用達で入りづらい印象があるかもしれませんが、そんなことはなく

アマチュアのDIYユーザーが入ると、用途に合った品物をわかりやすく教えてくれたりします

 

 

 

今の時代、やはり避けられないのがネット通販

ほんとに情報革命の時代ですよね

ネット通販は買って翌日に配送してくれるなんてのはザラです

ただ一番のデメリットは現物が見れないということです

これは困ったもんです

けど僕はもっぱらネット通販を利用しています

現物が見れないといっても、欲しいものの展示品がそもそも置いてなったり

幅広くラインナップされている店が少ないというのもありました

大型店や専門店に遠出して行くしかないという・・・

近くにそういったお店があれば良いですけど、なかなかないですよね

それで実際に見に行っても、現物の触った感じとか握り具合とか素材感など

試しに色々使ってくると何が起こるかって余計に迷ってしまう

なのである程度、モデル位置(何向けに作られたか、用途はどこか)と性能表をみて

あとは直感的にいいなぁと思ったものを選ぶようになりました

フィーリングですね

道具や工具って使い込まないとわからないものが多いんですよね

 

 

 

1:職人時代

 

現場職の職人時代には、職友会というグループに入っており

そこに入ると仕事の依頼や暇がないよう仕事のスケジュールの段取りを組んでくれたり

何かとメリットだらけです(もちろんデメリットもありましたが)

その中でも、ひとつ特権としてあったのが高品質な工具を独自のルートで安く提供できます

ということだった

これは利用しない手はないと思って話しかけたのですが・・・・

 

ネットの方が安いじゃないかよ!!って思わず心の中で思いました

 

結局は金物屋が取り扱っている楽天市場に在庫があったので専用ドライバーを購入したということも

なので必ずしも専門職が優遇されているわけではないというお話です

 

 

 

2:売れ行きの悪い地元の店は在庫がまわらない

 

発売されたモデルを仕入れて、売れずにずっと残っている在庫です

やはり何年も経つと、多少バッテリーの寿命に影響があります

また発売されたモデルでも表立った不具合がない時は中身が少し改良されたりというのは

あるそうです

中国産は確かにコスパを見ても最近の物は素晴らしいと言えますが、初期不良というのは

起こらないわけではないです

 

展示品を手に取って、ホコリがべっとりつくような店で買うなら、繁盛店で買った方がよい

 

 

 

 

3:結局は移動時間が勿体ない

 

車で店まで通い、品物を見てグルグル回り、そこから家に帰るという時間が

最近はすごく勿体ないと感じるようになってしまった

ブラック企業と言われる時代、僕自身も長時間働いてるのでやはり休日は限られてきます

工具類の眺めるのはすごいウキウキで楽しい気分になってしまいますが、それよりそこまでに通うガソ

リン代や移動時間を考えるとトータルで見たらネットで買った方が安いじゃんって思うようになりました

 



 

 

4:電動工具はどこで買おうとアタリハズレはある

 

作っているのはメーカーであり、ただどこで仕入れて売ってるかだけの違いなので

結局工具のアタリハズレは避けられないのが印象ですね

このアタリハズレも使う人次第だったりするのでグレーゾーンですよね

買った時に、スイッチを押しても動かない!という場合は替えてもらうことは出来ますが

ある程度使って動かなくなった場合は、基本修理ということになります

やはり正しく使うことが一番ですね

正しく使うというのは工具を落とさない、連続使用時間を守れているか

負荷のかかった作業はしていないか などです

 

 

しかしお店で安く買いたい場合は・・・

 

店員さんにネット価格を見せて、価格交渉をするやりかたです

頑張ればけっこう値切ることはできます

ただ僕自身は値切るという行為はしなくなりました

というのも店員さんもしぶしぶレジまで向かう姿や、値切るまでのやり取りがすごく疲れてしまったからです

値切ったモノを使うたびに、その記憶がよみがえるだけで嫌な気持ちになってしまうこともあったので

 

 

どちらを選ぶかは人それぞれです

自分に合ったスタイルでお買い物を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク