インパクトドライバーを選ぶときにはバッテリーの互換性に注意 DIY編

スポンサーリンク




 

インパクトはプロ用とDIY用と分かれてるメーカーがあります

 

その中でも気を付けたいのが、インパクトのバッテリーが同じメーカーであっても

 

入らない!なんてことがあるんです

 

 

 

 

まずはマキタで見ていきましょう

 

 

このインパクトはDIY用であり、マキタのプロ用に使うことは出来ません

 

 

さらに14,4Vの工具しか使えません

インパクトが最初に買う工具になるとすると、基本的にはそのバッテリーに対応してる工具を揃えてく

と思うのですが

残念ながら単体ですら売ってないのです・・・嘘だろて思いたくなる気持ちです

 

 

 

 

そのことをふまえると日立は互換性ありのラインナップが多い

 

 

 

DIY用のインパクトはどれがいいのか散々悩みましたが

 

 

 

マキタを選びました

 

軽くて使い易い!

 

それで次にジグソーが欲しくなり調べてみると単体で売られてない

 

結局はコード式を買いました

 

ついでにドリルドライバーが欲しいと思いつつ、これも基本バッテリーセットになっているため

 

1万5千円ほど

 

それで、以前から気になっていたブラックアンドデッカーのセットにドリルドライバーがあったので

 

ついでほかの工具もついてくるので試し感覚で買ってみることに

 

なぜ最初から、ブラックアンドデッカーにしなかったのか・・・

 

それはマキタと日立、RYOBIの国内電動工具メーカーしか知らなかったり

 

職人時代は基本的に他の職人さんもマキタ、日立のどちらかしか選択肢にありませんでした

 

国内はこの2トップで独走

 

なので聞いたことのないメーカーは無意識で遠ざかってました

 

それが間違いでした・・・

 

それで日立のラインナップは多いと言いましたが、ブラックアンドデッカーはその非じゃありません

 

 

 

 

バッテリー以前にヘッドを変えるマルチエボ

 

 

その他にもヘッドツールがあります

 

しかし、それだけでなく

 

このバッテリーは他にも使えるんですよね

 

新しく発売されたバッテリー式のDIYのさらに上を行く本格的な電動工具にも対応してるんです

 

 

 

 

 

 

・マルチエボの違いは丸ノコでは深さ調整が出来る

・ジグソーではナナメに倒すことが出来る

 

 

 

 

 

 

これほどDIYに特化したメーカーとは・・・

 

 

 

 

 

思ったのは、最初からマルチエボを買えばよかったと言うことでした

 

勿論、軽い小型となればマキタですが

 

やはりDIY

 

使用頻度が少ない日曜大工程度なら価格も抑えられてますし

 

 

そして作りもデザインも実際に手に取ってみて眺めると

 

個人的にブラックアンドデッカーの方が好みでした(あくまでも自分の好みです)

 

 

 

 

 

 

まとめると

 

・ブラックアンドデッカーはバッテリーの互換性を考える必要性は無い

 

・マルチエボシリーズでは様々なラインナップが揃っている

 

・DIY用としても充分であり、さらに本格的に始めたいと思っても対応できる

 

・仮にDIYをやめることになっても人気商品なのであっさりフリマなどで売れる

 

 

 

購入したマルチエボのセット

 

 

 

 

いまいちマルチエボのことがよくわからない場合は

ブラックアンドデッカーマルチエボ18V EVO183P1の利点と欠点

 

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク