家を建てられないだって!?土地と道路の関係

スポンサーリンク




 

家を建てる土地選びは道路も関係があります

『2項道路』と『旗竿敷地(はたざお)』の2つに注意してみて行きましょう

 

 

2項道路とは

 

建築基準法では都市計画区域内の土地では

・家が建てられない土地がある?都市計画法と用途地域の種類

幅4m以上の道路に2m以上接していないと建物を建てられません

ようは道路に接していないと、建てられませんよっていうことですね

なぜ道路にくっついていけないかというと

 

救急車や消防車が通れるようにするためです

 

しかし、道路に接していないのに建物が建っている場合はどうでしょうか

それは建築基準法(1950年)ができたときに建物が立ち並んでいたものまでは制限しないことになりました

法律が変わったからといって、いきなり取り壊しや、立ち退きとなると莫大な費用がかかることになるなど

理由は様々です

 

また道路のなかで市町村や都道府県が

指定すれば、幅4m未満でも道路として扱うことになっています

なので『あの家の道路は狭いのになんでうちは建てられないの?』となった時はこの理由です

また『2項道路』は『みなし道路』との2つの名称があります

 

都市部の4m未満の道路の多くは『2項道路』に指定されており、この道路に2m以上接する敷地では建物が建てられません

しかし道路中心線から2m後退した線を道路境界線となります

実際の境界から道路境界までは、自分の土地でも敷地面積にいれることはできません

 

 

 

 

旗竿敷地は注意が必要!

 

長い竿の先に旗がついたようなカタチをしており、まさに『旗竿敷地』

または『路地状敷地』とも呼ばれます

1つの敷地が相続や売却などで分割され、こういったカタチになったものです

 

 

 

それでもってこの『はたざお』のどこが注意なのかというと

 

土地Aの人が土地Cを所有していない場合は・・・

土地Aにある家を建て替えることはできません

また家を新築したい人が土地Aを買った場合でも、家を建てることは現在の法律上不可能なのです

 

これは上記で説明した、道路に接していない土地は家が建てられませんという項目にあたります

 

オニャカタ
それじゃあ土地Cを買っちゃえば問題解決ニャ!

 

仮に土地Cを買えたとしましょう

そうなっても買った土地Cが2m以上道路に接していないと

土地Aは新たに家を建てることはできません

 

 

 

オニャカタ
あと1m足りなかったニャ!土地を売ってくれニャ!

 

 

土地主M
そんなこといわれてもこれ以上は無理ですよ… お金がたんまりあれば別ですが… フフフ

 

 

 

極端に四方に囲まれた土地は『袋地』と呼びます

 

袋地の土地の所有者は、誰かの土地を通らなければ自分の家に帰れないことになります

そこで、袋地の所有者が他人の土地を通ることのできる権利を認めた法律(民法)があり

「囲繞地通行権」(いにょうち)と呼びます

あくまで人が歩いて通ることを認めただけです

といってもあくまで人の土地ですから、法律ではそうなっていても通る時は邪魔にならない通り道をつかったりする必要もでてきます

これは分かり易く囲まれた土地になっていますが、実際はもっと複雑なカタチが多い

 

 

まとめ

・幅4m以上の道路に2m以上接していないと家を建てられない

・2項道路に接する敷地は、少し狭くなる

・旗竿地域など道路に接していない土地は要注意!

 

基本的に道路に接していない土地は注意が必要だということを覚えておこう

 

 

 

 

スポンサーリンク